ミニマリスト未満

koz.jpg
 

 この写真、2010年に自分が所有していたもののすべてが写っている。なんか、ミニマリスト未満という感じ。
 

 当時のぼくがどういう生活をしていたかが想像できる。

  全然見知らぬひとのことをよく知るために、その人の本棚を見るのがてっとりばやいと思っている。

 

 だいたい「選択」というものには、選んだその人の個性とか人生のようなものが現れるのは当然で、その人が選択した何物かを一度に並べてみれば、明らかになるものがあるはずだ。


 以下、そういうおもしろいものが並んでいるシリーズをたまに見ているとたのしい。



Peter Menzel の「地球家族」

HuangQingjun の「Family stuff」

Sannah Kvist の「All I own」

Society for Community Organisation の香港のスラムに暮らす人達の部屋

John Thackwary の「My Room Project」

theburninghouse.com  の、もし家が燃えてたら何を持って逃げるかを一枚の写真で撮ったものが、世界中から集まるサイト




 バブル期の日本の一般家庭の所有物の多さは、ヒューマンスケールを越えている。 こういうものを見ていると、人間の選択には地理的・文化的・経済的な制約があるほかに、なにかもっと土台部分の、抗うことのできない生き物としての制約がある気がしてくる。


 うまい言葉が見つからないが、人間の原型といったらいいのだろうか、それが気になって仕方ない。

  



 

 
journaltakamune ito