種をまく

人間がつくった時計と、宇宙がつくった時計があるとするなら、後者の時計に沿って生きていきたい。

そう思っているけど、それが難しいのか、ただ流されているだけなのか、自分がどちらの時計にしたがってうごいているのかが、よくわからなくなる。


時計の話に例えてみたけれど、それじゃあ言いたいことの半分も表現できないこともわかっている。


それで写真を撮ることにしている。


写真で語ると、それは肉体をもった言葉になってくれる。


たぶん、いまこういうことを正確に語るためには、黙っていたほうがいい。

familytakamune ito