台所に立つのが好きです。

 自分や家族が食べるものを作っているときがいちばん幸せな時間だなと感じます。手や頭が勝手にはたらいて、ただ誰かと一緒に食卓を囲むことを考えているとき、料理をつくることは「あなたのことを想っている」と言うのと、同じことだと思います。

 写真を撮るときの感覚が、それにとても近いと思う瞬間があります。そんなとき写っているものは普通の情景だったりします。なんでもない毎日がそのまま写っていて、日常が写真になっただけの、空気のようにそこにあるもの。ぼくがいいなと思うのは、そういう意味で「普通」の写真です。普通の美。ほんとは「普通」なんてつける必要もなくて、美しさは、目を向ければどこにでもあるということを、示したいと思っています。

 最初にウェブサイトを作るとき、ほかの優れたフォトグラファーさんたち同様に、見栄えよい写真だけを並べようとしました。でもそれだけだと、この「普通」の感覚がうまく伝わらないことに気が付きました。そのあとに、自分の家族や友人、出会った人、いつも生活しているまわりの様子や、撮影の前後に起きた何でもないことや、読んだ本のこと、心の隅で波打つ疑問や、小さな喜びについて、載せていくように決めました。それら取るに足りない生活の細部も、仕事のものも、区別することなく。
 だからここは自宅とつながった事務所みたいなもので、いつでもオープンにしています。気軽にどうぞ。

イトウタカムネ